大阪の和風性感エステ

洋から和へ風俗は変わるだろう
いつの時代であれ、名付けというのは人々を悩ませているようだ。一度決めたらそう簡単に変更する事が出来ないケースも多いため、何日も時間をかけて決める人もいると聞いた。子供の名であれば近頃は国際化を意識してか月と書いてルナだったり、空と書いてスカイと読ませる等の個性的な例が増えているという。 これは外国の影響を強く受けている訳だが、風俗店も大して変わらないかも知れない。道を歩いても、いわゆる和風の店名にお目にかかる事等そうはないはずだ。理由は分からぬが人々には横文字がカッコよく感じるらしい。さすがに戦前は日本風の店名、今なら料亭で使われている様な店の名前が多かっただろうが、戦後アメリカに影響されたためか現在ではその殆どが英語風の店名になっている有様だ。 まぁ別にそれでもいいのだが、ここであえて店の名前だけでなく内装や女性の着る服まであえて和風にして差別化を図ってみてはと思うのだ。浴衣を着てのお出迎えなんてお洒落な感じがする。ドアの代わりに襖や障子を使い、ベッドではなく布団を使う。昔の遊郭を想像していただければ分かりやすい。 少しお金が掛かってしまうが、それに見合うだけの効果があると思うので参考にして欲しい。この間も性感エステのお店に行ったのだがそこのお店のコンセプトが純和風だった。マッサージをしてくれる女の子も浴衣のようなものですごく興奮した。
サブコンテンツ